ニキビ肌だからこそ、乾燥を防いでニキビ改善に役立てましょう

ニキビ肌には、思春期ニキビや大人ニキビがあります。
どちらも、皮脂が過剰に分泌し、アクネ菌を増殖させてしまう事が要因です。
皮脂が大量に分泌する肌だから、わざわざ保湿クリームを使って油分を増やす事はしたくない、と思っている方が大半です。

肌を健康にする為には、みずみずしい肌にし、余計な成分を肌に付着させない、肌環境作りが大事になります。
みずみずしい保湿肌にする為には、化粧水で肌を十分に潤わせた後、保湿クリームで蓋をしないと、水分がどんどん逃げてしまいます。
保湿クリームで最後の仕上げをし、肌の水分を逃さないようにしましょう。
肌が潤って、余計な成分が肌に付着しないようになります。
肌の余計な油分も発生しなくなり、アクネ菌が生まれづらくなります。
肌トラブルが軽減されてきて、ニキビも徐々に軽くなっていきます。

保湿クリームは、塗り過ぎると肌の油分を多くしてしまいます。
ニキビ肌には危険ですので、薄く塗ってあげると良いでしょう。
保湿クリームは、薄く膜を作ってあげるだけで仕事をしてくれるので、多く塗ってもあまり意味はありません。

ニキビ肌の保湿クリームは、油分の少ない物を選びましょう

ニキビ肌は、油分を出したがる傾向のある肌なので、油分を多く肌に付けたしてしまうと、相成って悪い事をしてしまいます。
ニキビ肌の保湿クリームは、油分の少ない物を選ぶと良いでしょう。

成分表示を見て確認するのも良いですが、1番解りやすいのは、塗った時にさらっとした感触のある物が、油分が少ない保湿クリームです。
テスターなどで確認してみましょう。
保湿クリームといえば、クリーム状をイメージすると思いますが、乳液のようなさらっとした軽い感触の保湿クリームがありますので、そういう物を選んでみましょう。

無添加の保湿クリームを選びましょう

ニキビ肌の保湿クリームを選ぶ際に、もう1つ視野に入れたいのは、添加物の入ってない物を使う事です。

ニキビ肌の方は、添加物に敏感に反応してしまいます。
ニキビは炎症状態なので、弱っている状態です。
弱っている状態の肌に、合成香料や着色料が入っている物を使ってしまうと、更に敏感に反応してしまいます。
せっかくのスキンケアが、肌を綺麗にするどころか悪化させてしまい、最悪な状態に。
ニキビ肌には、特に優しい物を選んで使ってあげましょう。

ニキビ肌が落ち着いていくと、肌のターンオーバが良くなり、より一層保湿クリームが浸透しやすい肌になっていきます。
ニキビ肌を健康で美しい肌に変える為に、肌に優しい保湿クリームで丁寧に保湿をしてあげましょう。